FC2ブログ

HANDMADE KNIVES

ハンドメイドナイフの”製作記録”や”しまらない話”・・・

”一寸だけスペシャル”

今回掲載品は、毎度お馴染みのポケットブッシュクラフターですが、いつもよりもチョットだけ豪華?にしようという企画。
R0017181 (800x600)
ポケットブッシュクラフター 2018
刃材 D2 3.5㎜ ハンドル材 粗織りマイカルタ
全長 157㎜ 刃長 67㎜

今回製作のものは、このスタイルにした当初のオリジナルサイズで製作しました。もう一度スタートから・・・的なやつです。
あと記念モデル的なちょっとイイモノでも・・・という思いもあります(なんの記念でもありませんが・・・)。
当モデルの諸々につきましては、過去記事参照ということで割愛させて頂きます(語る知能がない故・・・)。
R0017184 (800x600)
R0017186 (800x600)
いつもよりもブレードの先端を狭くしてあり、シュッとした感じにしてみました。
R0017187 (800x600)
R0017188 (800x600)
ハンドル材は最近お気に入りの粗織りマイカルタを使用して特別感を出そうという企みです。

ブレード
R0017190 (800x600)
小刃無しコンベックス。先端がややロールしています。
刃研ぎする場合は小刃無しにこだわらず小刃付けでイイじゃない・・・というのが最近の流れのようです。
が、各自の好みで好きにするのが一番と思われます。
R0017191 (800x600)
最近のスタンダードの3.5㎜厚。
いつもはサテン仕上げですが、平面を手磨きして特別感を演出。

ハンドル
R0017192 (800x600)
8㎜強の厚みのハンドル材だったので前後のテーパーは無しでやや薄くなったせいか、ハンドリング感が良いような・・・気がする。
R0017193 (800x600)
R0017194 (800x600)
粗織りマイカルタは、積層模様がほぼ見えないのが特徴です。(良くも悪くも・・・)

シース
R0017195 (800x600)
2㎜厚コヨーテ・ブラウン・カイデックスで製作。テックロック小対応穴有り。
R0017197 (800x600)
本当にチョットだけスペシャルな代物です。

糸吉
スポンサーサイト
  1. 2018/09/03(月) 22:25:31|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

”ポケットサイズ化 ②”

ワタクシ史上同形状で最多(といってもショボイ数ですが)製作モデルである”ポケットブッシュクラフター”に新たな仲間を・・・という安直な考えで色々製作してみる企画です。

今回は”Woodlore knife"というワールドアイテムの一つをモチーフにしています。
例によってヘタなデフォルメが施されているのでオリジナルの美しさが再現されていませんので御了承下さい。
R0017149 (800x600)
ベビー・ロア 2018
刃材 D2 3.5㎜ ハンドル材 ブラックリネンマイカルタ
全長 154㎜ 刃長 63㎜

カスタムナイフメーカーの吉川英次氏が制作した”Baby Loveless”の響きが格好良かったので”ベビー・ロア”としました。(ミーハー)
但し此方は刃長6cmを超えているので、氏のBaby Lovelessのコンセプトを踏襲していません。
R0017150 (800x600)
R0017153 (800x600)
刃体長、刃角等、軽作業を目的としています。
R0017154 (800x600)
R0017155 (800x600)
ハンドル長は前回掲載のMK1モチーフの物に比べ、若干長くグリッピングに余裕があります(僅かですが・・・)。

ブレード
R0017156 (800x600)
小刃無しコンベックスエッジ。
グラインド幅広くし鋭角気味なので、無茶は程々に・・・。
R0017157 (800x600)
3.5㎜厚。

ハンドル
R0017158 (800x600)
括れハンドル。
厚みは程々にしてハンドリング重視。
R0017160 (800x600)
R0017162 (800x600)
ハンドル括れ無しで楽しよう・・・と一瞬考えましたが、”らしくなくなる”ので、括れハンドルで製作。

シース
R0017168 (800x600)
2㎜厚チョコブラウンカイデックスで製作。テックロック 小対応穴有り。取り付け角変更可。
R0017172 (800x600)
次回製作機会があった場合には、形状、サイズの変更が行われるかもしれません・・・。

ワタクシ的には結構気に入っています・・・。

”世間からズレてる”
糸吉
続きを読む
  1. 2018/07/31(火) 00:19:19|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

”ポケットサイズ化 ①”

ワタクシ史上同形状で最多(といってもショボイ数ですが)製作モデルである”ポケットブッシュクラフター”に新たな仲間を・・・という安直な考えで色々製作してみる企画です。

今回のモチーフはSkookum Bush Tool MK1というワールドアイテムです。
そのまま縮小・・・という訳にもいかずアレンジしますが、例によって別物感アリアリに仕上がっています。
R0017114 (800x600)
ポケット・ブッシュ・ツール 2018
刃材 D2 3.5㎜ ハンドル材 グリーンキャンバスマイカルタ
全長 151㎜ 刃長 70㎜

ブッシュ・ツールという響きが格好良かったので”ポケット・ブッシュ・ツール”としておきます。(ミーハー)
ザックリ言って元のMK1はプーッコをフルタング&モダナイズ化したものですが、それをポケットサイズ化して何のメリットが・・・という事は考えてはイケナイ・・・。
R0017120 (800x600)
R0017122 (800x600)
刃長、ハンドル長のバランスやエッジ角などから、パワー系の作業向きではありません。
といってクラフト系がやり易いのかというと・・・
R0017123 (800x600)
R0017124 (800x600)
ハンドルは短めですがボリュームはしっかり。

ブレード
R0017127 (800x600)
小刃無しコンベックスエッジ。
グラインド幅広くし鋭角気味なので、無茶は控えめに・・・。
R0017128 (800x600)
3.5㎜厚。

ハンドル
R0017129 (800x600)
10㎜厚のハンドル材を使用しているので意外としっかり握れるハンドルボリューム。
長さ的には手の大きさにもよりますが、小指が掛かるか掛からないか・・・という所です。
R0017130 (800x600)
R0017131 (800x600)
コンパクト化によって元ネタとは違う数のボルト、ソングホールにしました。
R0017133 (800x600)
バットプレートは無し。
手当たり良いようハンドルエンド背側の角を丸めています。

シース
R0017134 (800x600)
2㎜厚カイデックスで製作。テックロック 小対応穴。縦横斜め装着変更可。
ヌルっという感じで収まります。
R0017137 (800x600)
次回製作機会があった場合には、形状、サイズの変更が行われるでしょう。

”究極の”→”ポケット”・・・これはイメージにダメージなのか?

糸吉
  1. 2018/07/21(土) 01:34:32|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”ふと思いついた事を検索してみたら・・・先人がワンサカいた件”

それは一年ぐらい前のことでしょうか、とある方からプーッコの画像が送付されてきてこういうのはイケるか?という件がありまして、その画像の品はプーッコなのですが伝統的製法のものではなく、ステンレスブレードにマイカルタハンドルという組み合わせでいわゆる”モダナイズド”なプーッコでした。

我もしてみん・・・の前に画像検索してみると・・・すでに結構な数のメイカーがおりました・・・。
出遅れ感は否めませんが、面白そうなので製作してみることにしましたが・・・
R0017084 (800x600)
プーッコモドキ 試作 在庫ありません
刃材 D2 3.5㎜ ハンドル材 荒織マイカルタ
全長 178㎜ 刃長 77㎜

今回製作にあたり試作という事で余っている材料で製作しましたが、鋼材の長さの制約もありやや小振りの得物となりました。
見た目についてはシンプルでおとなし目に・・・(つまらないと思われがち・・・)
R0017085 (800x600)
R0017087 (800x600)
ブレードはハックマンの製品を参考に現代的グラインドにしました。
と言っても刃先部は違っています。
R0017088 (800x600)
R0017089 (800x600)
ハンドルはほぼフルサイズで製作してみようという事で、しっかりとした太さがあります。
材料の長さと製作方法の不案内によりタングが貫通していないタイプのハンドルになりました。

ブレード
R0017090 (800x600)
3.5㎜厚。クラフト時指を当てても痛くないよう丸背です。
R0017091 (800x600)
ソレっぽくなるよう先端のグラインド幅は狭め。
小刃無しコンベックスエッジでエッジ先端部をロール気味に・・・。

ハンドル
R0017092 (800x600)
ドーンと太め!
いわゆるコンシールドタング構造です。
R0017093 (800x600)
ハンドル断面は逆卵型。尻側は楕円に近い感じです。
知り合いにハンドメイド・プーッコを見せて(握らせて)もらった際こんな感じだった・・・ような気が(正確に再現出来ている訳ではない)
R0017097 (800x600)
前後判別も楽になるというソングホールを追加。(伝統的なものにはありませんが)
また、寒冷時手へのダメージが少なくなるようボルトは小さめにしています。

シース
R0017100 (600x800)
3㎜厚カイデックスで製作。
ハンドル形状の都合摩擦で押さえる構造なので、うっかり軽く入れておくと抜け落ちたりするので収める際はしっかり奥に(但し程々に)入れましょう。
装着法はテックロック 大でベルトシース、又は紐を通してネックシース等々工夫次第です。
仕様例
R0017104 (800x600)
根付け?タイプでブラブラ・・・。
もっとお洒落な編み方をしようと思ったのですが・・・編み方の図を見ても理解する事が出来ませんでしたっ!!
R0017103 (800x600)
というわけで、私的には結構ハマったので更なるモノを製作したいと思います(需要など知ったコトではない!)。

フェードアウトまっしぐら!
糸吉
  1. 2018/07/05(木) 00:35:13|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

”当初は現行品の無駄無く洗練された形状こそ美しいと感じるが、時を経ると初期型のやや格好悪く見える姿に無性に惹かれるのは何故なのだろうか・・・。

昨年製作した”ワィルダネス・サバイバル”の予備のブランクで製作していますが形状を変更しています。
R0016980 (800x600)
サバイバル 2018 ”ワィルダネス・サバイバル” 参考品
刃材 D2 6mm ハンドル材 G-10
全長 317mm 刃長 164mm

今回の物は現行のGen2よりも古い型のWSKを意識した代物にしてみました。
実際の進化とは逆の順序になりますが、旧タイプも中々良いものです。
R0016993 (800x600)
R0016997 (800x600)
・・・と最近思うようになりました。
R0016998 (800x600)
R0016999 (800x600)
ハンドルは曲がっている事を除けばほぼ元ネタの形状です。

ブレード
R0017003 (800x600)
フック部、ハチェット部共に小刃無しです。
小刃っぽく見えるのは先端がロールしているのと、革砥で光っているからです。
今後はこのエッジ仕様が標準になる・・・と思われます。
R0017006 (800x600)
6mm厚。丸背。
R0017007 (800x600)
この穴はアローレンチ、引っ掛けとく穴等々諸説ありますが、正解は分かりません。
おそらく使い道は自分で見つけろ・・・という事ではないでしょうか。自分で用途を見つけられない者は生き残れないという・・・。
ちなみに実物のサイズは7/16inという話ですが、もちろんそんなドリルビットは持ってねぇ!ので近いサイズで開けています。

ハンドル
R0017011 (800x600)
独特の2フィンガー。
R0017012 (800x600)
R0017014 (800x600)
作業により握るポジションを変える・・・ということをあからさまに現しているハンドル形状。

シース
R0017016 (800x600)
3mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。角度変更可能。
ですがこのままではハイライドすぎるので
R0017017 (800x600)
こういうパーツを製作。装着すると
R0017023 (800x600)
テックロックが斜めに付く様にしてハンドルが良い角度になるようにしています。
R0017024 (800x600)
また、高さも変更可能です。
R0017027 (800x600)
以上順調に完成・・・

・・・かと思わせといて今回もしっかり落とし穴に落っこちています。
製作中、刻印が怪しい感じでしたがパッと見ギリセーフに見えたので作業を続けましたが、刻印部の接写画像をズームしてみたら・・・
R0017028 (800x601)
か、開眼っ!!(白眼)

ということで参考品になりましたとさ、めでたし、めでたし


・・・な訳あるかっ!!

教訓
打刻印は、慎重の上に慎重を重ねるべし!

KUUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/13(金) 22:26:35|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

YUUKI KINVES(仮)

Author:YUUKI KINVES(仮)
ハンドメイドナイフメイカー
しんかい刃物店にて販売取り扱いして頂いております。
当方製作ナイフはフィールドグレードなのでそれなりの仕上りです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーティリティ L (11)
ユーティリティ M (20)
ユーティリティ S (8)
タクティカルスタイル (41)
ブッシュクラフト&サバイバル (45)
キャンプ包丁 (34)
デスクナイフ (18)
リクエスト (27)
雑記 (58)
お知らせ (9)
ナイフ・ショウ (11)
未分類 (0)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR