FC2ブログ

HANDMADE KNIVES

ハンドメイドナイフの”製作記録”や”しまらない話”・・・

力ずくというのも・・・

嫌いではない・・・という人に
R0011408 (800x600)
ユーティリティ・スパイク こちらに改修済みhttp://yuukiknivesblog.blog.fc2.com/blog-entry-68.html 在庫ありません
刃材 D2 7mm レイデント処理 ハンドル材 G-10
全長 220mm 刃長 100mm

事の発端はある方から、以前掲載したナイフにWinklerⅡKnivesのスパイクシリーズのような突起を付ける事が可能かという問い合わせから始まりました。
WinklerⅡとはなんぞ?・・・と検索しサイトに動画があったので見てみます。・・・するとWinkler氏本人が各ナイフをデモンストレーションしているではありませんかシビックと格闘するWinkler氏をハラハラしながら見終わりなるほどと思いました。

問い合わせの方は有耶無耶になってしまいましたが、スパイク付きナイフに興味を抱いたので隙在らば製作しようと思っていました。
その後少しして、某SWATナイフの動画を見てしまいこれは製作したろうという事になりました。
超硬チップを仕込もうかとも思いましたが、固定法等難しい事と、WinklerⅡスパイクではグラスブレイクだけではなく鉄板に穴を開けるのにも使用していました。
ということでこちらのスタイルを採用しました。

実際に作るにあたっての鋼材ですがワイヤーカットの抜け殻を使用しました。
鋼材の大きさに制限があり若干コンパクトなものになりましたが、逆手に持ってブレードで貫通させる時にブレードが長いとインパクト時に手首がグキッとなる事があるのでこの長さもアリなのではないかと思います。

重量バランスも人指し指の辺りで、ハンドルエンドで叩く際ブレ無いようにという事です。
R0011409 (800x600)
エッジのストレート部は切れ味重視のホロウグラインド、ポイント付近は頑丈さ重視のコンベックスグラインドとなっています。Hinderer氏の旧?XMシリーズのような感じですね。
R0011410 (800x600)
R0011411 (800x600)
グラスブレイクに超硬チップを使用しないので、ハンドル形状は力が加わってもずれないよう上下張り出しています。
R0011413 (800x600)
張り出しがないと握力低下時に自分の拳で対象物を叩く可能性があります。
R0011414 (800x600)
ブレード背部、滑り止めのステッピング。
R0011416 (800x600)
このナイフ最大の特徴のスパイクです。
R0011418 (800x600)
流行の超鋼チップではないので、おそらく数回使用したらポイントが潰れてしまうでしょう。
R0011421 (800x600)
しっかり握る為のハンドルのくびれ
R0011425 (800x600)
ハンドルに開いた特徴的な穴は、このようにランヤードを通す事が出来ます。
またこの穴を利用してパラコードを編みこんでパラコ巻きハンドルにすることが出来るかもしれない。
R0011426 (800x600)
シースは3mm厚カイデックスでテックロック仕様です。
R0011427 (800x600)

このナイフ結構な重量ありますが(あえて肉抜きしていません)、グラスブレイク時にこの重量も利用しようというコンセプトです。
刃物としては少し使いにくいですが・・・。


糸吉

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/03/29(金) 00:07:11|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"MIA"

Missing In Action
R0011375 (800x600)
キャンプ包丁 2012 在庫ありません
刃材 VG-10 3.3mm ハンドル材 グリーンリネンマイカルタ
全長 306mm 刃長 187mm

このキャンプ包丁には同形の双子ちゃんがいました。
ブレードを削り終え、ハンドル成形も終わり熱処理に出したのですが、二度と帰ってくる事はありませんでした。

ブレードがMIAになりハンドルが残ってしまいましたが廃棄するのは勿体無いので、ペアで切ってあった鋼材でブレードを製作し直しました。
行方不明の兄弟のハンドルを引き継ぎいで活躍!⇒なんてドラマチックな展開なんだ!!・・・などと現実逃避したくもなります。

そういう訳で残念ながら2本製作する予定が1本になってしまいました。
R0011378 (800x600)
R0011379 (800x600)
このキャンプ包丁は”キャンプ包丁とは・・・”のブレードとハンドルを延長して更なるハードな用途に対応出来るようにしたものです。
R0011381 (800x600)
R0011380 (800x600)
”キャンプ包丁とは・・・”のハンドルよりも厚みを抑えてあるので図体の大きさの割にはハンドリングが良いのではないかと思います。
ハンドルが延長された分ハンドリングの自由度が増します。
R0011383 (800x600)
キャンプ雑用時にチョッピングパワーが欲しい場合は、ハンドルの後ろの方を握り手首のスナップを効かせるようにすると良いかと・・・。
R0011384 (800x600)
そして今回刃付けは成り行きでハードな使用も想定し”ほぼ蛤刃”になっています。
ほぼ蛤刃というのはエッジ先端が糸刃のような小刃になっているからです。
蛤刃にするのは手間とコツが若干必要なので、通常の小刃付けに変更するのもアリだと思います。
R0011390 (800x600)
シ-スですが、今回心理的に2mm厚では心許ない感じがしましたので(実際は2mm厚でも十分です)3mm厚のカイデックスで製作しました。
テックロックによるクロスドロウ(推奨)、縦付け、横付け仕様です。
R0011398 (800x600)
R0011392 (800x600)

マッシヴな1本です。


糸吉

続きを読む
  1. 2013/03/18(月) 22:35:34|
  2. キャンプ包丁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”物は言いよう”

端材でこんなナイフを作ってみました。
R0011348 (800x600)
民族風デスクナイフ 在庫ありません
刃材 ATS-34 2.5mm ハンドル材 タンリネンマイカルタ ヒルト材 ブラックリネンマイカルタ
全長 145mm 刃長 66mm(最長部)

民族風といっても特定のモチーフはありません。いわゆる”なんちゃって系ナイフ”です。
頭ん中ではアイヌマキリやラップナイフを小型化したイメージを浮かべているのに、えらい違ったものが出来上がったもんだのぉ(遠い目)・・・みたいな感じです。
端材で作るお遊びのような物なので大目に見て下さい。

遊びとは言うものの道具としての機能は果たす事を前提に製作しました(つもりです)。
R0011350 (800x600)
ブレードは小型のスキナーのような形状です。
現実的用途としては小工作やテーブルナイフ的なものとしてかろうじていけるのではないかと・・・。
R0011351 (800x600)
ブレードの表面仕上げは塩化二鉄による腐食仕上げです。
以前D2を漬け込みすぎたら組織のムラ?による模様が出たので、今回逆にムラを利用して”味仕上げ”にしようとしたのですが・・・綺麗に染まってしまいました。(予想外)
R0011356 (800x600)
このハンドル形状は以外と色々な持ち方にしっくりきます。計算通りです(嘘)。
R0011355 (800x600)
ハンドルはサンドブラスト仕上げです。タンマイカルタの色ムラも相まって”味のある仕上がり”(予想以上)になっています。(日焼けにより色ムラは無くなっていきます)
R0011358 (800x600)
シースは”味わいが出る”チョコブラウンカイデックスです。
R0011359 (800x600)

実用性は兎も角”味のある”ナイフが出来ました(のではないかと思います)。


P.S.
クドいですね・・・。

糸吉

続きを読む
  1. 2013/03/06(水) 00:43:02|
  2. デスクナイフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YUUKI KINVES(仮)

Author:YUUKI KINVES(仮)
ハンドメイドナイフメイカー
しんかい刃物店にて販売取り扱いして頂いております。
当方製作ナイフはフィールドグレードなのでそれなりの仕上りです。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーティリティ L (11)
ユーティリティ M (20)
ユーティリティ S (9)
タクティカルスタイル (42)
ブッシュクラフト&サバイバル (45)
キャンプ包丁 (35)
デスクナイフ (19)
リクエスト (27)
雑記 (59)
お知らせ (10)
ナイフ・ショウ (11)
未分類 (0)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR