FC2ブログ

HANDMADE KNIVES

ハンドメイドナイフの”製作記録”や”しまらない話”・・・

黒く見えますが・・・

マルーンなんです。
照明が暗いせいだと思いますが。
R0011609 (800x600)
キャンプ包丁 2012 在庫ありません
刃材 VG-10 3mm ハンドル材 マルーンリネンマイカルタ
全長 290mm 刃長 185mm

今回のキャンプ包丁はキャベツ等大型野菜が楽に切れる刃長にコントロール性を重視した細身のハンドルを組み合わせてみました。
R0011611 (800x600)
R0011613 (800x600)
蔵出し品のマイカルタのせいか肉眼でも一瞬黒いハンドルに見えてしまいます。
R0011614 (800x600)
R0011615 (800x600)
括れ強めです。
R0011618 (800x600)
R0011620 (800x600)
ハンドル後方から
R0011617 (800x600)
シースは2mm厚カイデックスでナイロンループ仕様、ストラップ付き
R0011621 (600x800)
このキャンプ包丁は2012モデルで一番最後に完成したもので、実は一番お気に入りだったりします。
R0011624 (800x600)


いよいよ(やっと)キャンプ包丁2012モデルも残すところ1本となりました。


糸吉

スポンサーサイト
  1. 2013/09/28(土) 23:55:14|
  2. キャンプ包丁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”テスト仕様”

R0011589 (800x600)
ユーティリティ 2013 参考品
刃材 D2 ハードクロムメッキ処理 ハンドル材 G-10
全長 305mm 刃長 180mm

以前掲載したものはATS-34のブレードでしたが、今回はD2ハードクロムメッキ仕上げになりました。

とうとう念願のハードクロムメッキだぜっ!!

・・・と思ったのも束の間、不慮の事態でメッキ面にキズが付いてしまいました。
やり直す事も出来ましたが取り敢えずの自分用ということにして耐久性を見るテスト用にする事にしました。
完品だと使いおろすのに躊躇しますが、キズ物ならばおろし易いという貧乏性の考えですが・・・。
R0011591 (800x600)
以前の画像と比べても解り難いですが、ブレードの表面処理が硬質クロムメッキになっています。
R0011592 (800x600)
当然といえば当然ですが前回写真と大差ないですな・・・。
R0011593 (800x600)
今回はテスト仕様なので強度も見てみようということで、ハンドル取り付けにボルトを使用していません。
R0011594 (800x600)
若干の不安はありますが「現代の接着剤の性能とやらを見せてもらおう」というところです。
ボルトレスで製作するのは自分用、テスト用のみです。
R0011595 (800x600)
例によってハンドルエンドを広げたアレンジ仕様。
R0011596 (800x600)
括れています。
R0011599 (800x600)
アレンジするといってもパッと見た際に「何じゃこりゃ!!」とならぬよう輪郭は弄らないようにします。
R0011598 (800x600)
なるべく元ネタの雰囲気を壊さないようにとの考えです。
R0011601 (600x800)
シースは2mm厚カイッデックスで折返し型ループ付き、ナイロンベルトループ仕様です。
所謂ATAKシースタイプです。
R0011602 (800x600)
また製作するので、今回はこれくらいで勘弁してやる!!



次回こそは・・・。


糸吉

  1. 2013/09/15(日) 01:24:23|
  2. ユーティリティ L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"orthodox or heterodox?"

「オーソドックスなナイフも見てみたい」・・・という御意見を以前頂きました。


オーソドックス・・・という事で、

「オーソドックス」という言葉の意味を調べる事からはじめました。

思っていたよりいろいろな意味がありましたが、
「正統派」、「主流派」という意味がこの場合当てはまると思います。

何気なく使っていたる言葉ですが、なんとなくでしか意味を理解していなかったようです。

そんなわけでこんなものが出来上がりました。
R0011570 (800x600)
ユーティリティ 2013 在庫ありません
刃材 6A 5mm ハンドル材 ナチュラルリネンマイカルタ(タンかも・・・)
全長 180mm 刃長 83mm

使用鋼材の6A(AUS 6ともいう)はあまり人気の無い鋼材ですが、取り扱いが楽という利点があります。
ホロウグラインドの練習を兼ねてブレードを削り、後からハンドルを考えるというアバウトな手法で製作しています。
このやり方はその時の気分でいろいろ変更出来るので私の好みの作り方です。
R0011572 (800x600)
ヒルト?はメタルではなく切れ端のマイカルタを使用。
R0011575 (800x600)
ハンドル材は中途半端に切ってしまって途方に暮れていた物を使用。
R0011576 (800x600)
といっても適当に選んだのではなく、私のイメージに沿うものを選んで取り付けています。
R0011577 (800x600)
エコでありエゴです。
R0011578 (800x600)
癖の無いブレード形状に
R0011579 (800x600)
割とヴォリュウミーなハンドル。
R0011582 (800x600)
コンシールドタングLOVEです。
サイズの割りにしっかり握れます。といって太過ぎない太さです。

シースはテックロック仕様だとハイライド過ぎると思い
R0011583 (800x600)
ナイロンループ仕様にしました。
R0011584 (800x600)
チョコブラウンカイデックスを使用。


どうやらオーソドックスではなかった模様・・・。


糸吉

続きを読む
  1. 2013/09/10(火) 05:30:00|
  2. ユーティリティ S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YUUKI KINVES(仮)

Author:YUUKI KINVES(仮)
ハンドメイドナイフメイカー
しんかい刃物店にて販売取り扱いして頂いております。
当方製作ナイフはフィールドグレードなのでそれなりの仕上りです。

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーティリティ L (11)
ユーティリティ M (20)
ユーティリティ S (8)
タクティカルスタイル (41)
ブッシュクラフト&サバイバル (45)
キャンプ包丁 (34)
デスクナイフ (18)
リクエスト (27)
雑記 (58)
お知らせ (9)
ナイフ・ショウ (11)
未分類 (0)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR