FC2ブログ

HANDMADE KNIVES

ハンドメイドナイフの”製作記録”や”しまらない話”・・・

忘年BBQ・・・

とでもいったら良いのでしょうか。
ともあれ仲間数人でBBQしてきました。
折角の機会なのでコイツでちょいと遊んでみました。
R0011873 (800x600)
例のテスト仕様ナイフです。ちっさいのは食べ物ナイフです。(かなり研ぎ減っています)

とりあえずそこらにあった竹にチョッピングをしてみました。
立ち折れたばかりの生竹、枯れ竹それぞれに打ち込んでみましたが若干頭が軽い感じがしました。きちんと竹を固定していない事もあったかもしれませんが・・・。
仲間にも試してもらいましたが、ハンドル後端を持てば問題無いとの事でした。
あとハンドルエンドを広げたおかげかスッポ抜け感はありませんでした。
いずれにしろ短時間しか使用していないので結論を出すのは早計ですが、今後も引き続き使ってみたいと思います。

次に今回のメインイベントの薪割りです。
・・・といっても切りつけた所でこんなナイフでは薪を割る事は不可能なのでバトニングで薪割します。
皆様御存知と思いますが、バトニングとはブレードの背を棒や石で叩いて切る(割る)ことです。
R0011876 (800x600)
薪はホームセンターで購入した薪ストーブ用の薪です。
何もナイフでやる必要はありませんが、テストである事とやっぱりやってみたかったので実行しました。
R0011878 (800x600)
途中ですが最終的にはこの倍位割りました。
実際やってみると思っていたよりも手強かったです。節の所などはまるで刃が進まない等が分かりとても勉強になります。

割った薪達は楽しく焚火させて頂きました。

ちなみに着火はメタルマッチを使用し雰囲気を満喫しました。(とっても苦労しましたが・・・)

そして帰宅後
使用後のブレード
R0011879 (800x600)
ちょっと拭きましたが、ヤニッぽいのが付着しています。

これを落とすと
R0011884 (800x600)
擦れ傷が付いています。(裏側も)
ハードクロムメッキでなければもっと擦れ傷が付いていたと思われます。
エッジが一部潰れて光っていますが、これはバトニング時に地面の石に当たった為です。
あと一部エッジに早くも小サビが発生していましたがエッジ部のみです。
R0011886 (800x600)
ブレードバックですが散々木で叩きましたが無傷です。(流石に石で叩く気にはなれませんでした・・・)
以上からメッキの有用性が見ることが出来ましたが、これもまた今後の経緯を見ていかないと結論は出せませんが・・・。

既にプルーフされている他人のデザイン、製法、材料ではありますが、一部とはいえ自分の製作したモノで実証できて胸を撫で下ろしております。
これを踏まえ以降製作するものに些少ずつでも改良して行きたいと思います。


P.S.
筋肉痛・・・。

糸吉

スポンサーサイト
  1. 2013/12/23(月) 23:55:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YUUKI KINVES(仮)

Author:YUUKI KINVES(仮)
ハンドメイドナイフメイカー
しんかい刃物店にて販売取り扱いして頂いております。
当方製作ナイフはフィールドグレードなのでそれなりの仕上りです。

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーティリティ L (11)
ユーティリティ M (20)
ユーティリティ S (8)
タクティカルスタイル (41)
ブッシュクラフト&サバイバル (45)
キャンプ包丁 (34)
デスクナイフ (18)
リクエスト (27)
雑記 (58)
お知らせ (9)
ナイフ・ショウ (11)
未分類 (0)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR