FC2ブログ

HANDMADE KNIVES

ハンドメイドナイフの”製作記録”や”しまらない話”・・・

”年末進行”

年末年始は半月近く製作作業が出来なくなってしまうので、新規製作品に取り掛かるのは中途半端になってなんだかな~という感じだったので、古に製作してそのまま仕舞いこんでいたヤツでも弄くってみようということにしました。

今回手を入れるのは、2009年頃に製作したもので何故そのまま仕舞いこんだかというと、当時銃刀法の改正がありその基準がどういうものか良く解っていなかった事と、なんだか今一格好良くない・・・完成時にはそう感じませんでしたが少し経つとどこが駄目なのかわからないがいまいち・・・なのでそのまま仕舞いこんだ品物達です。

時々引っ張り出して見返していたのですが、時が経つにつれハンドル形状のバランスの悪さに気付き、いつか時間が出来たら直そうと思っていました。

そして、とうとうその時がやってきました。

ということで現在の感覚でハンドルを削り込みます。
削るといっても大幅な形状の変更はしないというか出来ませんので、バランスを取り直したという表現が適当といえるでしょう。

まあ上手くいかなかったらハンドルを付け直すか、廃棄してしまおうと思っていたので気楽といえば気楽です。
ブレードは1本は少し細身に削り、もう1本は弄る余地が無かったのでそのままにしました。

結果は・・・イイ感じになりました(現時点での個人の感想です)。
R0014031 (800x600)
左奥:ユーティリティ 2009”改” 在庫ありません
右手前:ユーティリティ 2009”改” 在庫ありません

ヒルト付近を削ってしまったので以前製作したシースは使用出来なくなってしまったので(出来的にも)、シースも製作しなければならなくなってしまいました・・・。

コレは売り物に・・・(ニヤリ)・・・と思ったのも束の間、良く見るとブレードの仕上げやグラインドがちょっと残念な感じ(画像では解り難いかもしれませんが)・・・つい先日もブレードの出来が悪いと御指摘を受けたのでシースを製作したら封印する予定です。
が、ネタ切れの際はつなぎでブログ掲載するかもしれません。

以上2015年最後の作業でした。

ここで大切なお知らせです。
これまでに数々のコメントを頂きましたが、当方の都合により全て消去させて頂きました。
消去後はまたこれまで通りコメントを投稿頂く事は可能ですのでよろしくお願い致します。


糸吉
スポンサーサイト
  1. 2015/12/28(月) 00:27:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あくまでも・・・

想像の域を出ない話ですが、前回L.E.M.S.S.展示のCQCナイフ 2014は7mm厚故に頑丈ではありますがファイティングで振り回すにはちと重かった・・・。

ファイティングはスピードが命っ!なのでライトウェイト化を・・・ということで出来上がったのがコレ
R0013988 (800x600)
CQCナイフ 2015 在庫ありません
刃材 D2 5mm ハードクロムメッキ処理 ハンドル材 G-10
全長 274mm 刃長 143mm

前回ブラックブレードですが今回はシルバー(クローム)ブレードです。
黒くないとタクティカルっぽくない気もしますが、あえて見えるようにするというのもアリ・・・という設定です。
まあ正直これは本物のタクティカルでは無く、タクティカルスタイルなのでと苦しい言い訳をしておきます。
R0013996 (800x600)
R0013999 (800x600)
マークⅡオマージュの括れブレード。
R0014000 (800x600)
R0014001 (800x600)
前回が細マッチョハンドルならば、今回はマッチョなハンドルです。

ブレード
R0014002 (800x600)
前回7mm厚⇒今回5mm厚で軽量化、振り回しても振り回されません。←?
R0014007 (800x600)
前回ホロウグラインド⇒今回コンベックスで強度確保。(ホントはフラットにしたかった・・・)

ハンドル
R0014009 (800x600)
10mm厚のG-10を使用し、アドレナリン・ハイでもしっかり握れる太さに・・・。
R0014010 (800x600)
幕末の剣の達人が斬り合いの時は、無我夢中で刀を振り回していた・・・という話もあります。
R0014011 (800x600)
ガード(ダブルヒルト)もあれば言う事なしですが、現代戦ではナイフの重要度は低く大きく装着スペースは取れないので・・・という設定・・・でお願します。
R0014014 (800x600)
尻の出っ張りは、平らなとこでゴリゴリして、角で突っつく感じです。

シース
R0014015 (800x600)
シースも軽量化で、2mm厚で製作。テックロック等対応です。
当初背中を割る予定ではありませんでしたが、親指でシースを押してブレイク出来るようにして欲しいという声が聞こえたような気がしたので背が割れています。
R0014017 (800x600)
前回L.E.M.S.S.にお越し頂いたある方に見て貰いたいな~等思いながら製作してみましたが、残念ながら今回お越し頂けませんでした・・・。

糸吉
  1. 2015/12/25(金) 00:01:14|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”Play it by ear”

かれこれ1年半くらい前でしょうか、程良い刃材が出たので以前製作した切り出し風ナイフを再製作使用と思いほぼ完成という所まで出来たのですが完成間近で不慮の事故が起こり、カーボンのハンドル材だけが残りました・・・。

その後ずっと放置していたのですが、このままではイカンという事でハンドル材に合わせてブレードを製作しようと鋼材から切り出しました。例によってケガいた線の通りには切り出せなかったのですが・・・

アラやだ!なんだかコッチのほうがカッコ良い!

と思ってしまったので厳正なる自分内会議の結果、勿体無いですがカーボンハンドル材は破棄してまるっと製作することにしました。
R0013948 (800x600)
クラフトナイフ 2015 在庫ありません
刃材 D2 6mm ハンドル材 ナチュラルキャンバスマイカルタ
全長 172mm 刃長 76mm

どうせ変えるのならば・・・とグラインドも変えてしまえ!ってな感じでコンベックスグラインドにし立ち上がりもナイフっぽい感じにしてみました。
R0013955 (800x600)
R0013958 (800x600)
以前のシャキッとした感じではなく、なんとなくモッサリした感じになりました。
R0013959 (800x600)
R0013960 (800x600)
ハンドルが厚く、色も膨張色という事もあるかもしれません。

ブレード
R0013963 (800x600)
裏スキはありません。
刻印はこちら側です。
R0013966 (800x600)
小刃無しです。ロールド刃のように刃先の方が強く丸まっているので、刃研ぎ時にグラインド部分全部を研がなくても大丈夫です(見た目を気にしなければ・・・)。
R0013973 (800x600)
背は軽く丸めてあります。
切り出しのように先端部を落としてポイント折れし難くしました。

ハンドル
R0013975 (800x600)
6mm厚のフルタング。
R0013976 (800x600)
しっかり握れるよう、ふっくらめのハンドル。
R0013977 (800x600)
ハンドル材固定もネジ仕様からシュナイダーボルトに変更したので、手当りも良くゴミも詰まりません。

シース
R0013978 (600x800)
革っぽいイメージのチョコブラウンカイデックスで製作。マリスクリップ仕様です。
シースに収める際カポッという感じで入ります。
注意事項としてシースに収める際にはエッジとシースの合わせ目をあわせるように入れて下さい。斜めに無理やり押し込むとエッジでシースを切り裂いてしまう可能性がありますので御注意下さい。
R0013981 (800x600)
ハンドルの線のくねり感が気に入ったので、方向転換してみました。
このチョットもっさい感が良い・・・と思ってくださる方がいれば幸いです。

ちなみに英語表題は自力では出て来ないので、いつもGoogleさんのお世話になっています。

糸吉
続きを読む
  1. 2015/12/03(木) 00:55:06|
  2. デスクナイフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”competition”

L.E.M.S.S.-P2-において架空のカスタマーからの依頼品を競作するというイベントがありました。
依頼内容は
1. アウトドア全般で使用。
2. 主にソロ・キャンプ、サバイバル
3. ブレード長100~120mm位
4. ナイフを落とさない為の工夫が欲しい。
5. ファイヤースターターを使うので、その携行を前提にしたものが欲しい。
でした。
あれっ?タクティカ・・・ゴホッ、ゴホッとにかく条件に則したモノを製作。
R0013919 (800x600)
ユーティリティ 2015 在庫ありません
刃材 D2 6mm ハンドル材 グリーンリネンマイカルタ
全長 211mm 刃長 103mm

オールマイティーが信条・・・という訳で外見は奇をてらうことの無い、何でもないようなシェイプに・・・。
正直、企画の意図からするとNGなのですが依頼内容を考えるとどうしてもシンプルなものになってしまいました。(空気は読まない)
R0013920 (800x600)
R0013921 (800x600)
ポイントで作業のし易いクリップポイントです。
某サバイバルナイフでも採用のブレード形状です。
R0013922 (800x600)
R0013923 (800x600)
安心のフルタング構造!

ブレード
R0013924 (800x600)
フルハイトコンベックスグラインド、自然刃です。切れ味優先しています。
サテン仕上げ。ミラー仕上げには劣りますが衛生面で有効です。
R0013925 (800x600)
6mm厚っ。
頼りになります・・・?。

ハンドル
R0013926 (800x600)
グリップの自由度確保の為、括れは僅かです。
R0013927 (800x600)
コンパクトにしたい&ガッチリ握りたいをかなえる為、7mm厚のハンドル材を使用しハンドルを丸く削り過ぎないようにしています。
ハンドル断面が四角っぽいので、手袋をしていたり感覚が鈍ってきた場合でもエッジの方向が掴みやすいです。(多分)
ハンドル材固定はゴミがつまらぬようネジではなく、シュナイダーボルトを使用。
R0013928 (800x600)
携帯時のコンパクトさを重く見た為、手の大きい方には短く感じるかもしれません。
R0013932 (800x600)
上記と同じ理由で、ハンドルエンドは何かを叩く為に出っ張ったりしていません。
ハンドル長が短めなのでハンドルエンドを包み込むように握って使用・・・ということもあります。

シース
R0013933 (800x600)
好みでチョコブラウンカイデックスで製作。テックロック仕様です。
行動の邪魔にならないよう水平装着を初期設定にしています。そうするとナイフ脱落の可能性が上がるので通常のカイデックスシースの時よりも奥に入れるというか長く伸ばして脱落し難くしています。(通常は1stフィンガーグルーブの辺り)
バコッ!とロック音がするまでしっかり入れてください!
R0013934 (800x600)
お題の一つのファイアスターターですが市販品はグリップ部がデカイので、フィロセリウムロッドのみを購入し、カーボンとSSでコンパクトなグリップを製作しました。
勿論市販品用のホルダーを製作すれば好みのものを装着出来ます。
R0013938 (800x600)

コンペの結果発表は1位のみでしたが、まあ想像はつきます・・・。

糸吉
続きを読む
  1. 2015/12/02(水) 00:13:37|
  2. ユーティリティ M
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YUUKI KINVES(仮)

Author:YUUKI KINVES(仮)
ハンドメイドナイフメイカー
しんかい刃物店にて販売取り扱いして頂いております。
当方製作ナイフはフィールドグレードなのでそれなりの仕上りです。

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーティリティ L (11)
ユーティリティ M (20)
ユーティリティ S (8)
タクティカルスタイル (41)
ブッシュクラフト&サバイバル (45)
キャンプ包丁 (34)
デスクナイフ (18)
リクエスト (27)
雑記 (58)
お知らせ (9)
ナイフ・ショウ (11)
未分類 (0)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR