FC2ブログ

HANDMADE KNIVES

ハンドメイドナイフの”製作記録”や”しまらない話”・・・

”20ヶ月ぶりっ ④”

注:レギュラー品として
性能はともかく割りと好評なキャンプ包丁が久々の掲載です。
最近では有名メイカー様方が廉価なシリーズを販売したり、製作の要望も無いせいかすっかり御無沙汰になっていますが何故か薄い鋼材を購入してしまったので

薄いやつ=キャンプ包丁

というもはや条件反射的に製作してしまいました。
R0015232 (800x600)
キャンプ包丁 2016 在庫ありません
刃材 VG-10 2mm ハンドル材 G-10
全長 230mm 刃長 120mm

今回のものはブログ開始以前に製作したものを再製作!という企画です。
「フンッ!!」と仰け反る様なイメージ。
R0015233 (800x600)
R0015234 (800x600)
型紙(画用紙)が残っていたので、ほぼ当時の形状を再現?。
R0015235 (800x600)
R0015236 (800x600)
ハンドルはナチュラルリネンマイカルタから黒G-10にして、モノトーンで大人チックになりました。

ブレード
R0015238 (800x600)
コンベックスに小刃付け。
R0015239 (800x600)
2mm厚。

ハンドル
R0015241 (800x600)
以前はハンドル前部が括れたハンドルでしたが、今回はスッキリと真ん中ふっくらハンドル。
R0015243 (800x600)
R0015244 (800x600)
比較出来ないので印象ですが今回のハンドルの方が丸めが強めでスマートなハンドルになったような気がします。(うろ覚え)

シース
R0015245 (600x800)
ハンドル黒いので黒です。
2mm厚カイデックスで製作。簡易ベルトループとしてマリスクリップが付いています。
本体形状とクリップの重心位置からベルトにつけるととんでもない角度になりそうなので、使用時にバックから取り出す用法が周囲の目線的にも宜しいかと思われます。
どうしてもベルトに付けたい場合は、マリスクリップいっぱいの幅広ベルトを取り付けると上手くいったら良いですね。
R0015251 (800x600)
使い勝手はともかく、オサレ感はある・・・と思って頂ければ幸いでありまする。

糸吉
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/11/26(土) 21:38:21|
  2. キャンプ包丁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”20ヶ月ぶりっ ③”

注:レギュラー品として
性能はともかく割りと好評なキャンプ包丁が久々の掲載です。
最近では有名メイカー様方が廉価なシリーズを販売したり、製作の要望も無いせいかすっかり御無沙汰になっていますが何故か薄い鋼材を購入してしまったので

薄いやつ=キャンプ包丁

というもはや条件反射的に製作してしまいました。
R0015200 (800x600)
キャンプ包丁 2016 在庫ありません
刃材 VG-10 2mm ハンドル材 G-10
全長 246mm 刃長 135mm

今回の品物は以前製作した赤ハンドルの菜切り風のものをと鋼材を切り出しましたが、ハンドルとエッジの角度がしっくり来なかったので通常形状に変更しました。
R0015201 (800x600)
R0015202 (800x600)
半キャベツならいける位の刃長。
R0015205 (800x600)
R0015206 (800x600)
ほぼ定番のハンドル形状。

ブレード
R0015213 (800x600)
コンベックスに小刃付け。
R0015214 (800x600)
2mm厚。

ハンドル
R0015216 (800x600)
ゆる括れ。
R0015218 (800x600)
R0015219 (800x600)
曲がりすぎず、太すぎず、細すぎずニュートラルなハンドル。(個人の感想です)

シース
R0015220 (600x800)
2mm厚カイデックスで製作。簡易ベルトループとしてマリスクリップが付いています。
あくまで簡易なものなので使用時にバッグから取り出す的な用法が良さそうです。周りの目的にも・・・。
R0015222 (800x600)
2016モデルの中ではこれが一番大きく、一般的な形状になっています。
長男的な品物です。

糸吉
続きを読む
  1. 2016/11/26(土) 21:31:11|
  2. キャンプ包丁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”20ヶ月ぶりっ ②”

注:レギュラー品として
性能はともかく割りと好評なキャンプ包丁が久々の掲載です。
最近では有名メイカー様方が廉価なシリーズを販売したり、製作の要望も無いせいかすっかり御無沙汰になっていますが何故か薄い鋼材を購入してしまったので

薄いやつ=キャンプ包丁

というもはや条件反射的に製作してしまいました。
R0015170 (800x600)
キャンプ包丁 2016 参考品
刃材 VG-10 2mm ハンドル材 G-10
全長 177mm 刃長 85mm

今回のものは小回り重視でコンパクトサイズです。
故に大物相手は辛いですが・・・。
R0015171 (800x600)
R0015173 (800x600)
小振りですがワイドなブレード。
R0015174 (800x600)
R0015175 (800x600)
シンプルなハンドルにしました。

ブレード
R0015176 (800x600)
コンベックスに小刃付けです。
R0015177 (800x600)
2mm厚。

ハンドル
R0015178 (800x600)
板ハンドルなので半端な括れハンドルよりも手に馴染みます。(蒼白)
ザラッとした表面が滑り難いです。
R0015179 (800x600)
細めハンドルなのでパワーカッティングは得意ではありません。
R0015180 (800x600)
が曲がりが少なく細めなハンドルはグリップの自由度が高い・・・と思われます。

シース
R0015181 (600x800)
2mm厚カイデックスで製作。簡易ベルトループとしてマリスクリップが付いています。
装着して運搬よりも使用時にバッグから取り出すという用法が適していると思います
R0015196 (800x600)
キッチンで大きく切り分けられたものを、細かく切り分ける・・・的な品物。
がイメージですが実際にどう使うかはユーザー様が決める事・・・。

糸吉
  1. 2016/11/26(土) 14:37:28|
  2. キャンプ包丁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”20ヶ月ぶりっ ①”

注:レギュラー品として
性能はともかく割りと好評なキャンプ包丁が久々の掲載です。
最近では有名メイカー様方が廉価なシリーズを販売したり、製作の要望も無いせいかすっかり御無沙汰になっていますが何故か薄い鋼材を購入してしまったので

薄いやつ=キャンプ包丁

というもはや条件反射的に製作してしまいました。
R0015252 (800x600)
キャンプ包丁 2016 改装しました(クリック)
刃材 VGー10 2mm ハンドル材 G-10ラガー&エール
全長 193mm 刃長 96mm

今回のものは、マイ・ファースト包丁・・・的イメージで製作してみましたが
リアルに考えると凹凸の少ない方が好ましい気もしますが・・・。
R0015255 (800x600)
R0015257 (800x600)
幅広&短めブレード
R0015260 (800x600)
R0015261 (800x600)
手持ちラストのビール色G-10 。

ブレード
R0015273 (800x600)
コンベックスに小刃付け。
R0015274 (800x600)
2mm厚。

ハンドル
R0015275 (800x600)
真ん中ふっくらハンドル。
R0015276 (800x600)
バフ仕上げするとグラスファイバーが透けて見えて”ラガー&エール”なショワショワ感が連想されます。
R0015277 (800x600)
なので光沢仕上げしない”ラガー&エール”は”ラガー&エール”にあらず。ただの黄色いハンドルといっても過言ではない(個人の意見です)。

シース
R0015278 (600x800)
ハンドルの明るい色に合わせてベージュ(白)のカイデックスで製作。
簡易ベルトループとしてマリスクリップが付いています。が重心の関係で傾いてしまいますので御注意下さい。
バックの中で待機が宜しいと思います。
R0015281 (800x600)
マイ・ファースト包丁をイメージしつつもハンドル色は大人なビール色という矛盾・・・。
とはいえ使い勝手はともかく、使い手は選びません。

糸吉
  1. 2016/11/26(土) 14:30:13|
  2. キャンプ包丁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”-P3-終了”

去る11月12日に開催された催しに参加してきました。
R0015139 (1024x768)
ちょっとパニくっていたので1枚しか撮ってませんでした・・・。
黒くて細かい所がよく見えませんが、既に紹介済みだからいいですよね・・・ということで。
一番左のものはG-10の切れ端から削り出したノンメタリック・ペーパーナイフ的な代物です。”ハニー・ビー”シリーズです。

今回のテーマは”ザ・!!”です。
各所でオープン開催は最後という触れ込みだったためか、人手大目で熱気があったと感じました。(実際暑かった)
3時からのアレもシドロモドロしつつも、根本氏の助け舟にフォローのおかげで何とかやり過ごす事が出来ました。
”ないよー”は、参加者特権ということで・・・お、覚えていないという訳では無くも無い・・・。

”課題ナイフ”はちょっと化粧直しが必要なのでその後掲載します。(しないかもしれない)

今回は諸事情により大変疲労しましたが、その分手応えもあったと思います(思いたい)。
それでは御購入者、御来場者、主催者様、出展者様、有難う御座いました&お疲れ様でした。

糸吉
  1. 2016/11/19(土) 20:43:30|
  2. ナイフ・ショウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

”直球!!”

だが真ん中とは言っていない・・・。
R0015110 (800x600)
ユーティリティ 2016 在庫ありません
刃材 D2 5mm レイデント処理 ハンドル材 G-10
全長 290mm 刃長 160mm

折角のタクティカルなショウなので、センターには直球なモノが宜しいのではということで所謂TANNTOスタイルなものを製作しました。
当初の予定としては、主催のNEMOTO KNIVES様をパクる習作する感じでいくつもりでしたが製作法の都合やノリ具合によりなんか違う感じになって・・・
R0015112 (800x600)
R0015113 (800x600)
TANTOスタイルですが、直刃、ドロップポイントで反りはありません。
R0015114 (800x600)
R0015115 (800x600)
その代わり、ハンドルが反っております!。

ブレード
R0015117 (800x600)
食い込みの良いホロウグラインド。小刃付け。
R0015118 (800x600)
帽子部分は堅牢なコンベックスエッジ!
R0015120 (800x600)
5mm厚ですがズッシリ重量感があります。

ハンドル
R0015121 (800x600)
緩やか括れでハンドルエンドは広がっています。
R0015122 (800x600)
R0015123 (800x600)
NEMOT KNIVES様で以前製作されていたダブルフィンガーハンドルをパクリベースにしたハンドル。

シース
R0015126 (800x600)
3mm厚カイデックスで製作。テックロック対応。
シースに納める際、入射角度を間違えるとスタック&キズ入りになります。御注意下さい。
R0015128 (800x600)
先っちょの角度が鈍いのはウェイドさん(デッドプールじゃない方)リスペクトというのは内緒です。

糸吉
  1. 2016/11/10(木) 23:09:49|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”勝手にシリーズ続編を製作してみる・・・の巻”

私のお気に入りのナイフの中にSTRIDERKNIVESMantrack2があります。
このナイフの出自についてアレコレあるようですが、私個人的にはこの造形は大変好みであります。
好みでありますがちょっとした問題もあります。
それは・・・

ナイフとして使用するにはデカすぎた・・・2m近い巨躯があればそんなことはないのですが・・・。

てな訳で平均的日本人でも使えるようアレンジしたMantrack3的なものを製作してしまえという無謀企画です。(いろんな意味で)
R0015082 (800x600)
ユーティリティ 2016 在庫ありません
刃材 D2 5mm レイデント処理 ハンドル材 G-10
全長 334mm 刃長 195mm

例によって画像を観ずに適当に線を引いて製作していきます。
3という自分設定なので形状や印象が違っていても無問題です。
R0015090 (800x600)
R0015091 (800x600)
細身&クリップポイントにして、扱いやすいユーティリテイ寄りにしています。幾分MDKっぽくなりましたが・・・。
R0015092 (800x600)
R0015093 (800x600)
ハンドルもオリジナル踏襲な感じで・・・と完成後画像を比べてみると全体的にだいぶ変わりました。
まあ狙い通りです。

ブレード
R0015100 (800x600)
フルハイトのややコンベックスグラインドです。
R0015102 (800x600)
5mm厚。
フルハイト・グラインドと相まってサイズの割りには軽快な取り回しが期待できます。

ハンドル
R0015103 (800x600)
板ハンドルです。半端な括れハンドルよりも有能です(冷汗)。
R0015104 (800x600)
シングルフィンガーハンドル。
厚み、形状的に「俺に好し!、お前に好し!!、皆に好し!!!」なハンドルです。(個人の意見です!)
R0015105 (800x600)
尻タングが出ています。

シース
R0015106 (800x600)
軽量感を重視して、2mm厚カイデックスで製作。テックロック対応。
R0015109 (800x600)
Mantrack2を意識して製作していますが、実はコレ”マイティー・シリーズ”(過去参照)でもあるのです。
連続で掲載したかったのですが、当時レイデント処理が絶不調だった為掲載が離れてしまいましたが・・・。

糸吉
  1. 2016/11/09(水) 20:03:49|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”蛇はもう要らない? 2”

何故2から始まるのかというと、1で掲載する予定の品物が不慮の事故にて再コーティングすることになってしまったからです。一昨日の話です(涙)。

気を取り直して本題ですが、今回掲載の品物は、以前製作した某ゲーム登場ナイフの続編に登場するものをモチーフにしたものです。
例によって大幅にアレンジされていますが・・・。
R0015056 (800x600)
CQCナイフ 2016 在庫ありません
刃材 D2 5mm レイデント処理 ハンドル材 G-10
全長 234mm 刃長 123mm

実は私、3以降はやっていないうえ、ソフトを所持していないのでちゃんとした形状や細かいディティールがわかりません。ので画像検索にて調べた画像を元に形を起こしますが・・・
R0015060 (800x600)
R0015064 (800x600)
外形はともかく、グラインドが技術的に再現出来ないのでホロウグラインドにしました。
再現度がかなり落ちましたがコンバットナイフと割り切ってこれで良しということにしました(今回は)。
R0015065 (800x600)
R0015068 (800x600)
ハンドル造形もアレンジまっしぐら・・・です。
レ、レプリカではないので・・・。

ブレード
R0015070 (800x600)
刃先が厚めなので大きめの小刃です。
オリジナルはミッションナイブス?のようなグラインドです。無理っス!。
R0015071 (800x600)
相手をコントロールする際に押し付けるギザギザ・・・と思われます。

ハンドル
R0015072 (800x600)
ふっくらめのハンドルでギュッと握れます。
R0015073 (800x600)
R0015074 (800x600)
オリジナルはエストレマ・ラティオ社のハンドルをベースにしているようです(推測)。無理っス。
R0015076 (800x600)
尻には滑り止めギザ入り。

シース
R0015077 (800x600)
3mm厚カイデックスで製作。テックロック対応の穴が開いてます。
オリジナルはブレードの穴を利用してロックするようです。無理っス。
R0015079 (800x600)
突っ込み所は多々ありますが、現在の私ではこれが精一杯・・・。

糸吉
  1. 2016/11/08(火) 23:24:13|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”爪”

ナイフを切り出すと端材が出ます。
端材の中でもブレード先端のカーブを切り出した端材・・・なかなか厄介なカタチをしております。
奮闘のあとには・・・
R0015005 (800x600)
ユーティリティ 2016 ”爪” 参考品
刃材 D2 5.5mm レイデント処理 ハンドル材 カーボンファイバー
全長 139mm 刃長 56mm

端材利用には、端材のカタチをガン無視するエゴな方法と端材のカタチを利用するエコな方法がありますが今回掲載の品物は後者です。
なぜかというと楽だから捨てる材料も(僅かですが)減りますし、結構面白いモノ(珍品)になるのが楽しいからであります。
R0015013 (800x600)
という訳で端材のカーブを利用してフックブレードに。
R0015015 (800x600)
フックブレードが一部でアツい!ということもあるので時流にも乗っている・・・?
R0015017 (800x600)
背のカタチを整え、
R0015018 (800x600)
フィンガーグルーブを入れると一丁上がり(そう簡単に出来る訳ではありませんが・・・)。

ブレード
R0015029 (800x600)
パッと全体を見ると湾曲していますが、エッジ自体の曲がりはきつくないので、意外と刃研ぎに難儀しないと思いますが、思い切ってストレートに改造するのもアリかもしれません。(結構大変・・・)
R0015037 (800x600)
細かいことをしたい時に役に立ってくれる(はずの)ステッピング。
見た目のアクセントにもなります。

ハンドル
R0015041 (800x600)
カーボンハンドル。
大き目のフィンガーグルーブ。
R0015047 (800x600)
尻の先端を極僅かに露出。
R0015045 (800x600)
握ると手に隠れるくらいの小振りなハンドル。

シース
R0015048 (800x600)
3mm厚カイデックスで製作。抜く際は難なく抜けますが、収納時には癖があるので慣れが必要です。(特殊な形の為)
テックロックで色々な角度で取り付けられます。
ネジを付け替えれば逆手抜き仕様にすることも出来ます。(付け替えなくても可、見た目の為)
R0015051 (800x600)
という訳でヘンテコ端材から小振りで獰猛な得物が出来ましたとさ。

めでたし、めでたし?

糸吉
  1. 2016/11/04(金) 00:24:25|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”2015ver.+P”

前回に引き続きトゥースピック・シリーズですが今回掲載の品物はトゥースピック 2015(クリック)をベースに”+P”なアレンジを加えたものです。
R0014980 (800x600)
トゥースピック 2016 在庫ありません
刃材 D2 7mm レイデント処理 ハンドル材 カーボンファイバー
全長 176mm 刃長 85mm

エッジの所からなんかはみ出ていますが、安心して下さい!ガムテープです。
表題の”+P”とは威力が増している的な意味です。弾薬で用いられる記号?です。(うろ覚え)
ぶっちゃけ長くなったから威力も増しただろっ!・・・ということです。
R0014981 (800x600)
R0014983 (800x600)
私のくせに2015ver.をちゃんと踏襲しているのではないでしょうか。
全長が増したのでだいぶシュッとしましたが・・・。
R0014984 (800x600)
R0014985 (800x600)
今年モデルは例によってハンドルのボリュームが増しています。

ブレード
R0014986 (800x600)
細身感が増しているので、小刃無しでスッキリと。
R0014988 (800x600)
非常時に突っつく得物という設定です。(あまり真に受けないように!)

ハンドル
R0014989 (800x600)
ハンドル材を3mmの物を装着しているのでだいぶ普通っぽいですね。
R0014990 (800x600)
ザラッとしたカーボンハンドル!
R0014991 (800x600)
ハンドルの厚みが増した分しっかり握れます。(大きさなりに)
R0014996 (800x600)
尻が少し多めに出ています。(前回比)

シース
R0014997 (800x600)
今回は3mm厚カイデックスで製作。ボルトは引っ掛かり難いよう半沈させてあります。
工夫次第で装着法は色々です。
R0014998 (800x600)
今回製作した3本とも端材ではありません!!
トゥースピック・シリーズ7mmなイメージですが今後は厚みのバリエーションを増やしていこうかと画策しております。(基本端材なんで・・・)

糸吉
  1. 2016/11/03(木) 22:53:12|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”2014ver.復刻の顛末”

これまでに2件ほど問い合わせがあったトゥースピック 2014ですが、再製作したものは幾分脱線気味?だったので最小限のアレンジで製作してみよう!という企画です。
R0014957 (800x600)
トゥースピック 2016 在庫ありません
刃材 D2 7mm レイデント処理 ハンドル材 G-10
全長 161mm 刃長 79mm

エッジにある点のようなものはガムテープの端っこです。
2014ver.は端材の形をほぼそのままハンドルに利用しましたが、2016ver.はより使いやすくなるようにというアレンジを加えてみました。
R0014959 (800x600)
R0014961 (800x600)
ブレード形状はこれといったアレンジも必要ないので、まあ・・・普通です。
ややふっくらした感じになりました。
R0014962 (800x600)
R0014963 (800x600)
グリッピング、ハンドリング向上の為、ハンドルが大幅改修されています。

ブレード
R0014965 (800x600)
2014ver.は小刃を引いた上からコーティングでしたが、今回は小刃無しエッジにしてスッキリさせました。
R0014966 (800x600)
お約束の極厚!
エッジ自体はソコソコ切れますが、この鋼厚の為に刃が止まってしまうことがあるでしょう。
設定としては緊急時に突っつくモノという事ということなので・・・。

ハンドル
R0014967 (800x600)
すごい比率・・・。
R0014969 (800x600)
今回はG-10の光沢ハンドル。(勘違いの為)
柄がなんとなく爬虫類っぽいような気がしなくもない。
R0014971 (800x600)
背中は2014ver.を踏襲(したつもり)。
R0014973 (800x600)
尻のタングが微妙にはみ出てるいやらしい仕様。

シース
R0014975 (800x600)
2014ver.と同じく3mm厚カイデックスで製作、ボルトの半沈も再現!。
装着方法は色々。(要相談)
R0014978 (800x600)
2014ver.(クリック)と比べてみてみると・・・



やっぱりだいぶ違いますねっ!!(平常運転)

・・・でも使いやすいですよ!(緊急用だけど・・・)。

糸吉
続きを読む
  1. 2016/11/02(水) 22:37:07|
  2. タクティカルスタイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YUUKI KINVES(仮)

Author:YUUKI KINVES(仮)
ハンドメイドナイフメイカー
しんかい刃物店にて販売取り扱いして頂いております。
当方製作ナイフはフィールドグレードなのでそれなりの仕上りです。

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーティリティ L (11)
ユーティリティ M (20)
ユーティリティ S (9)
タクティカルスタイル (42)
ブッシュクラフト&サバイバル (45)
キャンプ包丁 (35)
デスクナイフ (19)
リクエスト (27)
雑記 (59)
お知らせ (10)
ナイフ・ショウ (11)
未分類 (0)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR