FC2ブログ

HANDMADE KNIVES

ハンドメイドナイフの”製作記録”や”しまらない話”・・・

”ゼロじゃない!!”

先週末ですが、恒例のショウに出展しました。
R0017039 (1280x960)
並べた品物は先日予告した通りです。
ラインナップ的に販売ゼロも想定しましたが、幾つかは気に留めて頂く事が出来たようです。

御購入、御来場の方々ありがとうございました。
御主催、御出展メーカーの皆様お疲れ様でした。

KUUKI KNIVES(仮)
スポンサーサイト
  1. 2018/04/19(木) 21:19:12|
  2. ナイフ・ショウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”当初は現行品の無駄無く洗練された形状こそ美しいと感じるが、時を経ると初期型のやや格好悪く見える姿に無性に惹かれるのは何故なのだろうか・・・。

昨年製作した”ワィルダネス・サバイバル”の予備のブランクで製作していますが形状を変更しています。
R0016980 (800x600)
サバイバル 2018 ”ワィルダネス・サバイバル” 参考品
刃材 D2 6mm ハンドル材 G-10
全長 317mm 刃長 164mm

今回の物は現行のGen2よりも古い型のWSKを意識した代物にしてみました。
実際の進化とは逆の順序になりますが、旧タイプも中々良いものです。
R0016993 (800x600)
R0016997 (800x600)
・・・と最近思うようになりました。
R0016998 (800x600)
R0016999 (800x600)
ハンドルは曲がっている事を除けばほぼ元ネタの形状です。

ブレード
R0017003 (800x600)
フック部、ハチェット部共に小刃無しです。
小刃っぽく見えるのは先端がロールしているのと、革砥で光っているからです。
今後はこのエッジ仕様が標準になる・・・と思われます。
R0017006 (800x600)
6mm厚。丸背。
R0017007 (800x600)
この穴はアローレンチ、引っ掛けとく穴等々諸説ありますが、正解は分かりません。
おそらく使い道は自分で見つけろ・・・という事ではないでしょうか。自分で用途を見つけられない者は生き残れないという・・・。
ちなみに実物のサイズは7/16inという話ですが、もちろんそんなドリルビットは持ってねぇ!ので近いサイズで開けています。

ハンドル
R0017011 (800x600)
独特の2フィンガー。
R0017012 (800x600)
R0017014 (800x600)
作業により握るポジションを変える・・・ということをあからさまに現しているハンドル形状。

シース
R0017016 (800x600)
3mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。角度変更可能。
ですがこのままではハイライドすぎるので
R0017017 (800x600)
こういうパーツを製作。装着すると
R0017023 (800x600)
テックロックが斜めに付く様にしてハンドルが良い角度になるようにしています。
R0017024 (800x600)
また、高さも変更可能です。
R0017027 (800x600)
以上順調に完成・・・

・・・かと思わせといて今回もしっかり落とし穴に落っこちています。
製作中、刻印が怪しい感じでしたがパッと見ギリセーフに見えたので作業を続けましたが、刻印部の接写画像をズームしてみたら・・・
R0017028 (800x601)
か、開眼っ!!(白眼)

ということで参考品になりましたとさ、めでたし、めでたし


・・・な訳あるかっ!!

教訓
打刻印は、慎重の上に慎重を重ねるべし!

KUUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/13(金) 22:26:35|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”ほぼ犬風味”

以前製作した”YOBBO”http://yuukiknivesblog.blog.fc2.com/blog-entry-223.htmlを成り行きでまた製作することになりました。
使用希望鋼材が前回よりも薄いので、バランスを取り直そうとスケッチを一からやり直したのですが・・・

やってしまった。
R0016907 (800x600)
ユーティリティ 2018 ”ROGUE” 在庫ありません
刃材 VANADIS-4 Extra 4mm ハンドル材 G-10
全長 226mm 刃長 129mm

相談した事を思い起こしながら線を引いたのですが・・・いかんせん記憶力が無さすぎた・・・。
その結果、M24の風味がほぼなくなりました・・・。まあ以前もそれ程強くは無かったのですが・・・。
R0016921 (800x600)
R0016926 (800x600)
やや幅が広くなったブレード。
コレはコレで中々・・・
R0016930 (800x600)
R0016931 (800x600)
ハンドルは大型化によってグリッピングが向上しています。

ブレード
R0016936 (800x600)
フルハイトのほぼフラットグラインドに小刃付け。
粗目のサテン仕上げが往年のガーバー風に見えなくも無いような気がしなくも無い・・・。
R0016939 (800x600)
実測の厚みは3.8mm程です。
鋼厚が薄めなので背側はあまりグラインド出来ませんので、背はスウェッジというよりも太い面取りですね。

ハンドル
R0016942 (800x600)
前回品よりも遥かに薄く攻めたハンドル。
R0016943 (800x600)
今回ブレードがステンレスではないので、ボルトやパイプをブラスにしてみました。
R0016946 (800x600)
先にも書きましたが薄いけどちゃんと握れるハンドルです。
側面の窪みは、ブレードが横になるよう握った際にしっくりときます。
ブレードを横にして突くと〇〇の隙間に・・・以下自主規制。

シース
R0016947 (800x600)
2mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。角度変更可能。
ハンドルを握りながら親指でシースの背の出っ張りをチョット押せば、ロックがはずれフリーになります。
R0016948 (800x600)
いつもより慎重に手間をかけたのですが、いつもと大差ない仕上がりなのは、いとわろし・・・。

参考比較画像
R0016954 (800x600)

KUUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/13(金) 01:29:06|
  2. リクエスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”大物見”

昨年末にリクエスト製作の話がありまして、使用鋼材指名ということなのですが、これまで削ったことが無い鋼材で在庫1枚というものでした。
少し前に初鋼材を削りすぎて痛い目を見たので今回は余白をテストピースにして、研削製を探り、あわよくば1本仕上げようという威力偵察(言い過ぎ)するというミッションです。
幸いな事に幅広めの鋼材でしたので、細身ですがそれなりのモノが取れました。
R0016852 (800x600)
ユーティリティ 2018 参考品
刃材 VANADIS-4 Extra 3.5mm ハンドル材 G-10
全長 210mm 刃長 110mm

ブレードの見た目的にはリクエスト品を細身にして、同じグラインドをすることによって研削性を確認します。
尚、この時点でハンドルをどうするかは一切考えていません。
R0016866 (800x600)
R0016867 (800x600)
予感は的中でした・・・本命をいきなりいグラインドしていたら確実に失敗していた事でしょう・・・。
今回の品も修正に手間を食いました。(直ったとはいっていない)
R0016869 (800x600)
R0016870 (800x600)
ハンドルも当初キリオン無しで、茶のマイカルタを装着したのですが、接着をあせり暖めすぎてクパァしてしまったので装着し直しています・・・というのはどーでも良い話です。

ブレード
R0016871 (800x600)
身幅が狭いので小刃無しエッジ。
やや荒めのサテン仕上げでまるでアーモハイドシリーズのような仕上がりです。注)当掲載品はメッキ仕上げではない
R0016872 (800x600)
元は4mm?でしたが薄い所があり均したら3.5mm程の厚みに。

ハンドル
R0016874 (800x600)
厚みも長さも程々。
R0016875 (800x600)
R0016876 (800x600)
手の中で転がしやすい様サッパリ形状です。
一応目を瞑っていてもエッジの上下は分かる・・・と幸いです。

シース
R0016877 (800x600)
2mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。
ハンドル部をやや長めにしてあり、マリスクリップ等を一番上の穴に付けると、テックロック正位置よりも低く装着出来ます。
またはインサイドベルトとしても。
R0016889 (800x600)
”大”物見などど吹いたわりには大したモノでなくて面目次第もござりません・・・。

KUKUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/11(水) 23:55:18|
  2. ユーティリティ M
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”現行型ベース”

今回掲載品はBeck氏製作のWSKコンパニオンナイフのSCOUTをベースにしています。
R0016808 (800x600)
ブッシュクラフト 2018 ”コンパニオン” 在庫ありません
刃材 D2 3.5mm ハンドル材 G-10
全長 216mm 刃長 112mm

これまでに製作したSCOUTを元に製作したものは、色々アレンジや製作しやすいよう仕様変更していましたが今回の物はアレンジを出来る限り控えるようにしました。
R0016812 (800x600)
R0016813 (800x600)
とはいうものの我が実力は知れているので、完全なるモノは出来ません。
R0016817 (800x600)
R0016818 (800x600)
完コピしなければいけない訳ではないので、これはこれで修行の一環ということに・・・しておこう。

ブレード
R0016819 (800x600)
オリジナルはサブナイフなのでフルフラットですが、私のヤツの場合は単独運用も考慮に入れてヒラを残したコンベックスグラインドに小刃付けにしました。
R0016820 (800x600)
3.5mm厚。これまで製作した4mm厚とオリジナルの3mm厚の中間です。

ハンドル
R0016821 (800x600)
括れ有り。
R0016822 (800x600)
R0016823 (800x600)
私には丁度良いサイズのハンドルです。
欧米の方々には若干小振りとも思えるところですがハンドリング優先という事でしょう。

シース
R0016824 (800x600)
2mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。角度変更可能。
そして
R0016835 (800x600)
ベルトループパーツを製作。
R0016836 (800x600)
こんな感じです。
R0016837 (800x600)
ボタン仕様なので、着脱が楽・・・だと良いですね。
R0016833 (800x600)
Beck氏のナイフはもっさい(良い意味で)けど格好良いのですが、私が製作すると中々そのような雰囲気を醸し出す事が出来ていないですな・・・。

KUUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/10(火) 00:26:27|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンパニオンナイフですが・・・

相棒製作は未定。
R0016778 (800x600)
ブッシュクラフト 2018 ”コンパニオン” 在庫ありません
刃材 D2 3.5mm ハンドル材 グリーンキャンバスマイカルタ
全長 195mm 刃長 86mm

今回掲載の品物はBeck氏製作のWSKの旧コンパニオンナイフの1つのKestrelを元にしています。
これまでも同ナイフをモチーフにしたものを製作していますが、これまでのものはアレンジが強かったり、自分の使用する道具に合わせた仕様変更されていましたが、今回は可能な限りオリジナルに近付けるよう奮闘しましたが・・・
R0016781 (800x600)
R0016783 (800x600)
やはり、他者の規格に合わせて製作するのは困難であります。
R0016784 (800x600)
R0016785 (800x600)
というような戯言はまた別の話。

ブレード
R0016786 (800x600)
ほぼフラットグラインドに小刃付け。
R0016787 (800x600)
3.5mm厚でオリジナルよりもやや厚め。

ハンドル
R0016789 (800x600)
側面はサッパリスッキリ。
R0016790 (800x600)
R0016791 (800x600)
この形状・・・好みです。

シース
R0016792 (800x600)
2mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。角度変更可能。
R0016796 (800x600)
私個人としては、コンパニオンナイフの中でこれが一番好みの形状です。

KUUKI KNIVES(仮)
続きを読む
  1. 2018/04/09(月) 00:12:30|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”雑種”

色々雑ぜてみる・・・という邪道
R0016735 (800x600)
ブッシュクラフト 2018 参考品
刃材 D2 3.5mm ハンドル材 G-10
全長 210mm 刃長 96mm

前回掲載の元ネタを見て、プーッコのモダナイズというのに感化され製作してみましたが、半端者にありがちな”彼方此方のナイフから持ってきたパーツを組み合わせたキマイラ”になってしまう・・・のパターンですね。
R0016745 (800x600)
R0016750 (800x600)
人目を引く”キャッチー”な見た目ではありません。
R0016751 (800x600)
R0016752 (800x600)
地味です。

ブレード
R0016753 (800x600)
小刃無しコンベックス。用途により糸刃、小刃付け必要。
R0016754 (800x600)
3.5mm厚。

ハンドル
R0016755 (800x600)
やや薄めのハンドルですが、幅とのバランスでちゃんと握れます。(個人差有り)
R0016756 (800x600)
R0016757 (800x600)
ブレードとハンドルがやや「くの字」にして、力の伝達の向上を狙っています。

シース
R0016758 (800x600)
2mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。角度変更可能。
この手の形状のナイフはシースにロックし難いのでシースのハンドル部を長くして深く入るようにしています。
テックロックで縦付けだとかなりのハイライドなので
R0016771 (800x600)
ナイロンループパーツを製作。
R0016772 (800x600)
ループは大きめにしてあります。
ローライドになってますが上着の干渉を受け難い利点があります。
R0016773 (800x600)
今回の物はボタン止めです。
R0016763 (800x600)
キマイラというと通常派手な外観ですがこれは地味です。

羊の皮を被った・・・

「羊」です。

悲報
キマイラの呪い?で刻印を失敗する。
R0016767 (800x603)

のでエンズ直行します。

からの・・・救い主現れる!(2018/07)

糸吉
  1. 2018/04/07(土) 23:58:27|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”慣れはミスの元”

今回掲載品はスゲーのをパクった習作してやったぜ!!・・・とドヤるつもりで製作を進めていたものですが・・・

まあ一言で言えば・・・ヤラカシテシマッタ。
R0016699 (800x600)
ブッシュクラフト 2018 参考品
刃材 RWL34 3mm ハンドル材 グリーンリネンマイカルタ
全長 209mm 刃長 95mm

今回のネタ元は、SBT MK1でワールドアイテムといってもよいほどの代物です(個人の意見です)。
詳しくはもう一寸出来の良い習作が出来た際にでも・・・。
ザックリいうと、プーッコをフルタング&モダナイズした感じです。←あってる?
R0016702 (800x600)
R0016703 (800x600)
恥ずかしながら、昨年ネットで初めて画像を見かけコレは!・・・と思い製作しては見たものの・・・この有様でござる。
R0016707 (800x600)
R0016708 (800x600)
オリジナルよりも細身になっております。
手がでっかくない人やぶっといハンドルに慣れていない、好みでない場合には宜しいかもしれません。

ブレード
R0016709 (800x600)
小刃無しコンベックスエッジ。用途次第で糸刃、小刃付けは必須。
お試し入荷したRWL34を使用していますが、いつもより削りやすかったので削りsugita・・・。
R0016710 (800x600)
3mm厚と薄めなので、ランボーな使用は控えたほうが宜しいです。

ハンドル
R0016711 (800x600)
括れが割りと強いですが、オリジナルはそれほどではありません。
ハンドル削り中に迷子になってしまい、改めて自分の握り基準で削り直した為オリジナルとは違う形状になりました。←ただのヘタクソ
R0016712 (800x600)
ボルト、ソングホールの数、位置が違いますがこれは当初からフルコピーを目指していない為です。
R0016713 (800x600)
また、オリジナルはハンドルエンドにバットプレートが溶接されているのですが、溶接出来ませんので省略致しました。
ネタ元のMK1以前の試作にもバットプレートが無いものがあるので無いのも有りということで・・・。

シース
R0016717 (800x600)
2mm厚チョコブラウンカイデックスで製作。テックロック対応穴有り。
・・・では寂しいので
R0016726 (800x600)
こんなのを製作。プラプラさせられます。
R0016727 (800x600)
上着に干渉し難い長さの設定です。ナイロンベルトを購入すればユーザー様でも好みの長さに再製作することが可能です。
R0016728 (800x600)
この様に穴を開けてネジで止めてあるだけです。
そしてナイロンベルトを外すとネックシースにする際に紐を通す穴が出て来ます。
R0016725 (800x600)
ということで自己納得度(コピーとしての)は高くないものになりましたが、次回製作時の糧としたいと思います。

などと書かれて欲しくなるわけ無いだろうがっ!・・・と思われるのも当然ですが、あくまでもコピーとしては不出来な代物であってナイフとしては割りと使いやすい・・・はずの代物です。

錯乱気味です。

KUUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/06(金) 01:15:45|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

”日和ル”

全長200mmで企画。
R0016668 (800x600)
ブッシュクラフト 2018
刃材 D2 4.5mm ハンドル材 G-10
全長 205mm 刃長 95mm

ネタ元は所謂カナディアンナイフです。
ポケットブッシュクラフターがお世話になったサイトでカナダのGrohmann社のナイフが素晴らしいという事なので製作・・・という安直全開な代物です。
ハンドルは#1オリジナルデザインを元に、ブレードは#4サバイバルというややチグハグな組み合わせ・・・。
と、此処までは良かった?のですがグラインドを始めようとする段階で、フルハイトのホロウにしてハンドルもコンシールドで普通のを付けて普通っぽいのを製作しよう・・・などと血迷いブレード背部形状を変えてしまいました。
その後、やはり当初のカナディアン風で製作することとなりましたが削ったブレード背部は戻せない・・・という体たらく。
R0016671 (800x600)
R0016673 (800x600)
という訳で、今一つカナディアンな雰囲気が出ていません・・・。
R0016675 (800x600)
R0016676 (800x600)
ハンドルはギリ・・・それっぽい。

ブレード
R0016677 (800x600)
小刃無しコンベックス。
R0016679 (800x600)
4.5mm厚でやや厚め。

ハンドル
R0016680 (800x600)
厚みは程々。
R0016681 (800x600)
細身で独特の形状ですが、色々な握りに違和感無くしっかり握れる印象です。
いわゆるパワー系作業は得意ではありませんが、クラフト系作業に向いている大変良く考えられたハンドル形状です。
考えた人は凄いです!
あと本来親指が安定するようハンドル先端上部が斜めに削られていていますが、私のは削り代が少なかったので省略しています。
R0016683 (800x600)
ハンドルエンドをやや太めにしているので、薬指、小指でキュッとし易いです。

シース
R0016684 (800x600)
2mm厚カイデックスで製作。テックロック対応穴有り。角度変更可能。
R0016694 (800x600)
カナディアン・スタイルのナイフは様々なメーカーで製造、製作されていますが、私の代物はやや道から外れている・・・ような気が・・・。

KUUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/04(水) 23:52:51|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”B”

全長200mmで得物を製作しよう!・・・企画
R0016631 (800x600)
ブッシュクラフト 2018
刃材 D2 4.5mm ハンドル材 荒織マイカルタ
全長 205mm 刃長 96mm

今回掲載の品物は、当然私のオリジナルではありません。また形状を正確にトレースしたものでもありません。
元ネタはWSKを画像検索中に気になるものを見つけたもので、”Wendigo Bush Knife”(Designed by Rodney Fontaine and made by QuickHatch knives)とのことです。
R0016641 (800x600)
R0016643 (800x600)
全長200mm企画・・・なのでコンパクトアレンジとなっております。
R0016644 (800x600)
R0016645 (800x600)
いずれ再現度をあげたものを製作したいところです。

ブレード
R0016648 (800x600)
小刃無しコンベックスエッジ。用途により糸刃、小刃付けが必要です。
R0016649 (800x600)
4.5mm厚。

ハンドル
R0016650 (800x600)
元はボリューミー&強くびれハンドルですが、コンパクト化の一環で普通?のボリューム。
ハンドル材がやや薄めだったのでカーボン板をスペーサーに使用。
R0016651 (800x600)
ハンドル前半部の山?は作業時に親指が安定します。
通常グリップ時に違和感少ないよう頂点はダラし気味の仕上げ。
R0016652 (800x600)
私的には強めの括れハンドルです。

シース
R0016653 (800x600)
2mm厚チョコブラウンカイデックスで製作。テックロック対応穴有り。取り付け角変更可。
R0016657 (800x600)
現在、QuickHatch knives作“WBK”は製作していないようなので、とても残念です。

KUUKI KNIVES(仮)
  1. 2018/04/01(日) 23:33:41|
  2. ブッシュクラフト&サバイバル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YUUKI KINVES(仮)

Author:YUUKI KINVES(仮)
ハンドメイドナイフメイカー
しんかい刃物店にて販売取り扱いして頂いております。
当方製作ナイフはフィールドグレードなのでそれなりの仕上りです。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ユーティリティ L (11)
ユーティリティ M (20)
ユーティリティ S (8)
タクティカルスタイル (41)
ブッシュクラフト&サバイバル (45)
キャンプ包丁 (34)
デスクナイフ (18)
リクエスト (27)
雑記 (58)
お知らせ (9)
ナイフ・ショウ (11)
未分類 (0)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR